HOME > 会社情報 > 開示情報


開示情報

自己資本規制比率

  • 「自己資本規制比率」は、証券会社の財務の健全性を測る重要な指標です。

(単位:百万円)

  2017年9月 2017年6月 2017年3月 2016年12月 2016年9月

固定化されていない

自己資本の額

(A)

4,598 4,805 3,833 3,796 3,464

リスク相当額

(B)

1,345 1,354 1,327 1,382 1,379

自己資本規制比率

(A) /(B) × 100

341.6% 354.7% 288.8% 274.7% 251.0%


当社は、金融商品取引法の定めに基づき、毎年3月、6月、9月及び12月の末日時点の自己資本規制比率を記載した書面を作成し、その書面を翌日末時点から3ヶ月間、全ての営業所に備置しております。

顧客分別金信託状況

お客様からのお預かり金等の分別信託状況を計算基準日の翌日から起算して3営業日目に更新しております。

(単位:百万円)

差替計算基準日
顧客分別金必要額
顧客分別金信託額

2017年12月8日

5,850

5,870

2017年12月1日

5,835

5,860

2017年11月24日

5,633

5,660

2017年11月17日

5,829

5,850

2017年11月10日

5,809

5,830

2017年11月2日

5,930

5,950

2017年10月27日

5,788

5,810

2017年10月20日

5,921

5,950

2017年10月13日

5,843

5,870

2017年10月6日

5,439

5,460

(更新日:2017年12月13日)

顧客資産の分別管理とは

金融商品取引業者がお客様からお預かりした有価証券や金銭等は、金融商品取引業者が破綻した際にも確実にお客様に戻るよ うに保管することが、法律で義務付けられています。これを「顧客資産の分別管理」といいます。

お客様からお預りした資産で「有価証券(株式・債券・投資信託等)」は、個々のお客様のものとして、金融商品取引業者の資産とは切り離して外部の保管機関に保管されています。また、「金銭等」は、信託銀行等に信託されています(信託されたものは、信託法によって守られます)。


当社の分別管理体制についてはこちらをご参照下さい。



平成29年3月期_分別管理監査報告書PDF

平成29年3月期_経営者報告書PDF


ページのトップへ戻る


商号等
:ばんせい証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第148号
加入協会
:日本証券業協会(会社コード0281)