HOME > 商品のご案内 >株式・IPO > 株式(現物取引) > リスクのご説明


リスクのご説明

株式投資で留意すること

信用リスク

発行者の経営・財務状況等の変化により投資元本を割り込むことがあります。

また、企業が倒産すると株券はほとんど無価値になってしまいます。企業の経営破綻の認知には、倒産、民事再生手続、会社更生法の申請などがあります。なお、株主は企業が倒産した場合、企業の債権者から返済を迫られるわけではなく、投資金額以上のリスクを負う事はありません。

価格変動リスク

株式は値動きのある金融商品です。

企業の新商品の発表や決算広告、不祥事、または為替、景気、海外市況、単なる投資マインドの過熱、冷え込み等多くの事が要因となって株価は変動します。

自分が投資した資金は株価によって大きく増える可能性もありますが大きく減る可能性もあります。

流動性リスク

株式は需給の関係で取引されます。買い手がいても売り手が、売り手がいても買い手がいなければ売買は成立しません。また取引所では株価の大幅な変動を防止するため、1日の株価変動には制限が設けられています。これがストップ高、ストップ安です。この場合は取引をしたくても取引ができない場合があります。このように株式取引では企業自体には問題なくても、市場での問題で取引が成立しない流動性のリスクがあります。

手数料

株式委託手数料

詳しくは手数料表をご確認ください。

移管手数料

1銘柄3,240円上限108,000円(税込)

名義書換手数料

1銘柄

10,000株以下の場合540円(税込)

10,000株を超える場合540円+1,000株以下を増すごとに54円(税込)を加算

但し、上限10,800円(税込)

口座管理料

ばんせい証券では、口座管理料を頂戴しておりません。

  • 国内現物株式のお取引にあたっては、(売買単位未満株式を除く)約定代金に対して、最大1.185840%(税込)(但し、最低手数料2,646円(税込))の売買委託手数料をいただきます。国内現物株式を募集等により、ご購入される場合には、購入対価のみのお支払いとなります。

  • お問い合せ・資料請求

ページのトップへ戻る


商号等
:ばんせい証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第148号
加入協会
:日本証券業協会(会社コード0281)