HOME > 商品のご案内 >投資信託 > 投資信託基準価額一覧 > DWS 新資源テクノロジー・ファンド


DWS 新資源テクノロジー・ファンド(愛称 グローバル シフト)
追加型株式投資信託/国際株式型(一般型)

更新日:2017/9/16
特色 グローバルな需要のシフト(変化・増大)に対応するため、注目される三つのテーマ(1.生活基盤 2.食糧 3.クリーン・エネルギー)に関連する事業を有し、成長が見込まれる世界各国の企業の株式を中心に投資を行います。マザーファンドに係る運用指図に関する権限を、DWSに委託します。
申込単位 1万口以上1万口単位
申込手数料
1,000万口未満3.24%(税込み)
1,000万口以上5,000万口未満2.16%(税込み)
5,000万口以上10億口未満1.08%(税込み)
10億口以上無料
換金手数料 ありません。
信託財産留保額 ありません。
信託報酬 純資産総額に対して 年率1.8144%(税込み)
この他に、純資産総額に対して年率0.10%を上限として諸費用等(監査費用、法律顧問・税務顧問への報酬、印刷費用等を含みます)が信託財産から差し引かれます。また、信託財産の組入有価証券の売買委託手数料等についても、別途信託財産が負担します。
信託期間 無期限
決算日 年4回(原則として1月15日、4月15日、7月15日および10月15日)行います。なお、第1期計算期末は平成20年1月15日とします。
決算日が休業日の場合は翌営業日を決算日とします。
申込価額 申込み受付日の翌営業日の基準価額
委託会社 ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社
主なリスク
  • 価格変動リスク
    当ファンドは主に株式に投資しますので、ファンドの基準価額は組入れている株式の価格変動の影響を受けます。
  • 為替変動リスク
    当ファンドは主に外国の株式に投資しますので、ファンドの基準価額は当該株式の投資対象国の通貨と日本円との間の為替変動の影響を受けます。
  • カントリーリスク
    発行国の政治、経済、社会情勢の変化により、金融・証券市場が混乱し、証券価格が大きく変動する可能性があります。またエマージング・マーケット(新興国市場)に投資する場合には、一般に先進諸国の証券市場に比べ、市場規模、証券取引量が小さく、法制度(証券市場の法制度、政府の規制、税制、外国への送金規制等)やインフラストラクチャーが未発達であり、低い流動性、高い価格変動性、ならびに決済の低い効率性が考えられます。なお、企業情報の開示等の基準が先進諸国と異なることから、投資判断に際して正確な情報を十分確保できないことがあります。このように、エマージング・マーケットは先進諸国の証券市場に比べカントリーリスクが高くなります。
  • 信用リスク
    投資した株式について、発行者の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化を含む信用状況等の悪化は価格下落要因のひとつであり、当ファンドの基準価額の下落要因のひとつになります。
  • 流動性リスク
    急激かつ多量の売買により市場が大きな影響を受けた場合、または市場を取り巻く外部環境に急激な変化があり、市場規模の縮小や市場の混乱が生じた場合等には、機動的に有価証券等を売買できないことがあります。
  • 解約による資金流出に伴うリスク
    当ファンドは一部解約による支払資金を手当てするために、保有証券を大量に売却しなければならないことがあります。その際には、市況動向や取引量等の状況によって、基準価額が大きく変動する可能性があります。
  • *当資料は投資信託の情報提供を目的として作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
  • *当資料は信頼できると考えられる情報に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性を保証するものではありません。
  • *分配実績等は過去のものであり、将来の運用成果等を約束するものではありません。
  • *投資信託は株式・債券・REIT等の値動きのある証券等に投資します(外貨建て資産に投資する場合には、このほかに為替変動もあります。)ので、基準価額は変動し、元本が欠損する恐れがあります。
  • *投資信託は、預金や保険契約とは異なり、預金保険機構および保険契約者保護機構の対象ではありません。
  • *投資信託の運用による損益はすべて投資者の皆様に帰属しますので、お申込みにあたっては、投資信託説明書(目論見書)をお受け取りになり、内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。

  • お問い合せ・資料請求

ページのトップへ戻る


商号等
:ばんせい証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第148号
加入協会
:日本証券業協会(会社コード0281)